富士化工株式会社
トップページ
お問い合わせ リンク 所在地地図 採用情報 サイトマップ
会社概要 製品紹介 製品用途別一覧 ダウンロード 劣化診断 実績紹介 ニュースリリース 施工動画
製品紹介
ホーム > 製品紹介 > パイプ類(熱硬化製品) > フジFRPパイプ
フジFRPパイプ
   
 弊社は、昭和32年よりFRP製品の製造・販売に着手し、様々な設計条件に合わせたオーダーメイドの各種耐食パイプ(小口径管〜大口径管)と化学装置用塔槽類の製作に多数の実績があります。

 FRP製品は、軽い、強い、腐らない等の特長に加え、電食を生じない、耐熱性及び耐候性に優れているなどの特性を有し、優れた構造材料として幅広く使用され、多くの実績と高い評価と信頼を得ています。
   
 
用途
 
  • 硫酸プラント、製鉄、排脱、紙パルプ等の各種化学工場用排気ダクト配管
  • 吸収塔、洗浄塔、回収塔、冷却塔、充填塔等の各種反応塔
  • 反応槽、酸洗槽、電解槽、受槽、中和槽、攪拌槽等の各種貯槽
  • 各種工業プラントの煙突内筒管
  •    
     
    特長
     
    1.各使用条件、設計条件に合わせて設計するオーダーメイドFRP製品です。
    2.使用樹脂&強化基材の選定により、多種多様なFRPパイプを製作できます。
    3.広域な温度範囲で使用可能です。(-80℃〜+150℃ *使用条件、使用薬品、使用樹脂により変化)
    4.熱膨張係数が小さい。
    5.断熱性に優れています。
    6.耐候性に優れています。(表面=耐候性処理)
    7.施工&補修が容易です。
       
     
    性能比較表
     
    ■各種材質の機械的強度
    項目\材質 フジFRP フジパイプ 構造用鋼 鋳鉄管 硬質塩ビ ポリエチレン
    比重 1.4〜1.55 1.3〜1.5 7.83 7.34 1.4 0.94〜0.96
    引張強度(N/mm2 68.6〜14.2 60.8〜65.7 424.6 183.3 49.0〜58.8 19.6〜27.4
    伸び(%) 1.2〜1.5 0.9〜1.1 24.7 1.1 31 100〜500
    比強度(N/mm2 49.5〜91.6 46.7〜45.3 54.2 24.9 35.0〜42.0 20.8〜28.5
    曲げ強度(N/mm2 107.8〜176.5 68.6〜98.0 - 392.2 - -
    シャルピー衝撃値(J/cm3 7.84〜9.8 3.92〜4.9 22.5 1.86 - -


    ■各種材質の熱伝導率
      フジFRP フジパイプ 構造用鋼 ステンレス 硬質塩ビ ポリエチレン
    熱伝導率
    W / m・h・K
    0.26 0.20 0.20 16.74 0.34 0.20


    ■各種材質の熱膨張係数
      フジFRP フジパイプ 構造用鋼 硬質塩ビ ポリエチレン ポリプロピレン
    熱膨張係数
    10-6/℃
    20〜22 20〜25 11.7〜12.6 60〜80 120〜130 110
       
     
    納入例
     
    銅精錬用ミスコットレルダクト2000A、1900A
    銅精錬用ミストコットレルダクト2000A、1900A
      ミスコットレルダクト2200A、据付工事中
    ミストコットレルダクト2200A、据付工事中
    1500A×13m吸収塔
    1500A×13m吸収塔
       
     
     
    お問い合わせ
     

    この製品に関するご質問などお気軽にご連絡下さい。

       
    このページの先頭へ戻ります。
    製品紹介
    パイプ類(熱硬化製品)
    フジパイプ7000シリーズ
    フジ温泉パイプ
    フジFWパイプ
    フジFWケーシングパイプ
    フジFRPパイプ
    排水用FRP角パイプ
    パイプ類(熱可塑性製品)
    タンク類
    設備用部材
    | お問い合わせ | リンク |  所在地地図 | 採用情報 | サイトマップ |